札幌を中心に活動中のバンド“Bibsel”のライヴ・レポートがメインです♪
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今頃「新春」って…遅すぎますね。
もう3月に入って1週間ほど。
暦の上ではなく、本当の春が来るのももうすぐです

2011.1.15 “TAYLER FEST 2011~新春隠し芸カバーバンド大会 隠しておけばよかったのに…3”KRAPS HALL

新春隠し芸カバー大会も3回目
前日まで雪がイヤというほど降って除雪作業が大変だったり、交通が多少マヒしていたりしたせいでしょうか。
始まった頃は何となく出足が鈍い感じでしたが、それでも徐々に人が増えて満員に近い状態に~。

出演:mimofly/MOT-ZEPPELIN/Bibsel/SHA LA LA/劇団氣志/YUMI AND MAYU(順不同)

TAYLER FESTではすっかりおなじみの顔ぶれが並び、相変わらずかぶりものしてたりコスプレしてたりのバンドがたくさん。
見てるだけでも楽しい
そんなバンドが多い中、Bibselは正統派ロックバンドって感じでちょっと異色だったかも。

bibsel-tf1101

Bibselは4番目の出演でした。

bibsel-tf1103

が、その前に!
あやこさんが3番目に登場したMOT-ZEPPELIN(もちろんLED ZEPPELINのカバー)にゲストで参加。
Stairway To Heavenのギターとピアノのかけあい、かっこよかったぁ
MOT-ZEPPELINの写真がないのが残念です。

bibsel-tf1104

この日は私も今年1本目のライヴ観戦。
遠くから足を運んでくれたBibselファンの方々にもお会いできたのが嬉しくて、舞い上がってたわけでもないのですが、気がつけばあっと言う間にライヴも終わり。
撮れた写真はほんの数枚。
ピンボケが多すぎました

bibsel-tf1105

写真を見てのとおり前列は人で埋まっておりまして、やや後列で見ておりました。
故にメンバーのアップもまったくありません。

bibsel-tf1106

撮っても連続写真のような(笑)
そこで…。
もっと効率よく撮影したいぞ!と思い、このライヴの後で新兵器を導入致しました

次回からはもうちょっとマトモなレポを見ていただけたら良いのですが…。

セットリスト

1. Rock Bottom
2. Ready an' Willing
3. Rainbow
4. Calamity Jane
5. Rock & Roll
6. Crying In The Rain


カバー大会なので当然オリジナルはありませんでしたが、新曲も増えて今年も楽しみなBibselです。
そして、まもなく熱血!オヤジバトルが全国でオンエア

Bibselの出場した東日本ブロック予選は13日(日)1:20~2:34です。
その他のオンエアもお楽しみに~~~


by Misago ※無断転載禁止
スポンサーサイト
なんとか間に合いましたね、今年のうちに(笑)

クリスマスも過ぎ、2010年も残すところあと数日となりました。
気がつけばここの更新もずいぶんとサボりっぱなしで、大変遅くなりましたが先月のライヴの様子をどうぞ。


2010.11.27 slowhand 11周年記念ライヴ!slowhand

sh10-menu

1年ぶりのスロハンで、Bibselと縁の深い富岡荘VARIATIONが一緒。
偶然にも1年前のスロハンライヴも同じ3バンドだったんですね
そして1年前と同様にぎやかでした。
途中から来たお客さんは席がなく立ち見を余儀なくされるほどの混雑ぶり

あやこさんは富岡荘とBibselのかけもち。
そして他にもかけもちしていたメンバーが

bibsel-sh1106

実はこの日、富岡荘ドラマーみょうてんさんが諸事情により不参加となってしまい、その代わりに助っ人ドラマー3人が2曲ずつ参加、レアな富岡荘のステージに。
三国さんもアンコールを含めて3曲に参加しましたよ。

bibsel-sh1104

1. Rock'n Roll Hoochie Koo
2. 空へ
3. タイムマシンにお願い(En.)



最後にBibsel登場
1曲目は腰痛の歌から。

bibsel-sh1105

札幌近郊は積雪量はまだ少ないですが、これから本格的に積もるのでしょうね
皆様、除雪作業で腰など痛めませんように。

bibsel-sh1107

9月にレコーディングした音源はこちら⇒You Tubeで聴く事ができます
ここには直接You Tube動画を貼ることができないようで…ちょっと不便。

bibsel-sh1110

先日のDIO追悼ライヴでも演奏した2曲もまた聴けました
当然ながらコーラスには大野さんも

bibsel-sh1109

そしてコーラス隊がもう1人
アンコールのReady An' Willingでは、コーラスにベース・ソロに

bibsel-sh1103

1. 腰痛(ペイン)
2. Never Before
3. 大切なもの
4. Rainbow
5. Rock & Roll
6. For Yasgur's Farm
7. Rock Bottom
8. Wandering
En. Ready An' Willing


2010年の札幌でのライヴはこれでおしまい。

で・す・が

つい先日25日には仙台で東北初ライヴ。
これで本当にBibselの2010年ライヴはおしまいです。

翌26日が「NHK熱血!オヤジバトル」東日本ブロック予選会。
結果がすでに公式HPにUPされていますが、残念ながらBibselの予選突破は保留中。

来年2月の全国大会出場は、28日(火)夕方から始まる敗者復活戦にかかっています
周囲の知人・友人を巻き込んで、インターネット投票にみんなで参加しましょう

もちろん、投票はBibselに。


プチ写真館

bibsel-sh1101 bibsel-sh1102 bibsel-sh1108 bibsel-sh1111 bibsel-sh1112 bibsel-sh1113 bibsel-sh1114


by Mr.HARPER~Special Thanks/ex) menu by Misago ※無断転載禁止
 
2010.11.22 Hot Time in Hall live Vol.4KRAPS HALL

hth-04f.jpg

今年5月に亡くなったRonnie James Dioの追悼ライヴ。
SABER TIGERの木下昭仁氏と下山武徳氏の呼びかけ&HOT TIMEの企画で実現した、豪華豪華なライヴでした。

出演:aya@South Area/Bibsel/Drinking pal/D.L.C./JUTTE JAPAN/Kinoshitayama DIO Gakudan/Night Walker/OHGUI MIKEY'Z/STAR★CHILD/Suite(アルファベット順)

司会進行役は下山氏と、Air-G'でおなじみタンゲ氏のお二人さん。
まずは各バンド(全10ユニット)の紹介から。
持ち曲は2曲ずつで、もちろんすべてRonnie James Dioの楽曲であり、最後には全バンドのメンバー数十人とセッションするとか…スゴイ事になりそう。

全国各地でDIO追悼ライヴが開催されていますが「全曲DIO縛り」というのは珍しいのだとか。
札幌の音楽シーン・HR/HMシーンは熱いという事が証明されたわけですねえ


さてさて~4番目に登場したBibselですが、この日のBibselはひと味違っていましたよ。

bibsel-h0401

まず、高橋さんが手ぶら~
ギターを持っていません。

bibsel-h0403

そして大野さんの前にマ、マイクスタンドが
大野さんのコーラスシーンは極めて珍しいですが、終わってから「コーラス大丈夫だった?」としきりに気にしてらしたのが印象的でした

演奏曲は【DIO】と【ELF】から1曲ずつ。
1. Rock & Roll
2. Rainbow


bibsel-h0405

演奏しているメンバーはいつにも増してかなり楽しそう
しかし、ですね、私は曲をまったく知りません
曲を知らなくても楽しいのがライヴの醍醐味ですが、知ってる人はさらに楽しめたでしょうね~。

bibsel-h0407 bibsel-h0408

演奏後は、メンバーを代表して高橋さんにインタビュー
トレードマークとなっているサングラスは、ポケットに入れたら邪魔だったので家に置いて来た、とか。
いつもはギターがあるのに今日はなくて「手持ち無沙汰で…」と腰に手を当てている言い訳?も(笑)
他のバンドとかぶらない渋い選曲については、三国さんの選曲だったそうです


トリのKinoshitayama DIO Gakudanが終わり、いよいよセッション。
曲はStarsでした。

全バンドのヴォーカリストさんとギタリストさん総勢30人くらいかな?
圧巻でした。
Bibselから高橋さんと大野さんも参加していました。

一度全員が下がってから、今度はギタリストさん達が入れ代わり立ち代わりソロを弾きます
それぞれの個性的な弾きっぷりも面白い。
ここでも活躍の大野さんでした

bibsel-h0412

最後に再び全員でWe're stars~の大合唱で豪華競演のステージは幕を閉じました。
きっとDIOも喜んでいたでしょう


プチ写真館
bibsel-h0402 bibsel-h0404 bibsel-h0406 bibsel-h0409 bibsel-h0410 bibsel-h0411



by Misago ※無断転載禁止
2010.10.2 インディーズライブHOT TIME

9月に同ビル2Fから5Fへと移転オープンしたばかりのHOT TIME
Bibselのライヴも移転後初なら、私がHOT TIMEさんにお邪魔したのも移転後初でした。

ht1200

中に入るとカウンターと、ゆったりくつろぎながら飲めるスペースがあり、壁にはギター&ベースが飾られています。
ライヴスペースは壁を隔てたところにあって「5倍の広さになった」と聞いてましたが、ホントに広ーい
早めに到着した私も某メンバーさんの横でまったりしてしまいました。

トップバッターのバーバーバババンドさんは、1コ前の記事でも少し触れた長沼ライヴに参加されていたバンド。
トリを飾ったスノークラッカーさんは今年2月に西区文化フェスタ2010というイベントでご一緒したバンド。
どちらもBibselメンバーが「気に入った」ということで、対バンとなりました

bibsel-ht1201

BibselはFor Yasgur's Farmからスタート。
一部のメンバーは開演前に既にくつろぎすぎていたご様子

新しくなったHOT TIMEのステージですが、高橋さん曰く「演奏しやすい」そうです。
客席も広くてステージ前に出て踊ったりしても余裕ですね~

bibsel-ht1203

大切なものも「このversionでは初めて」だそうで、ほぼ完成形のようでしたね。
ギターのハモリももちろん、間奏の変拍子ピアノ・ソロが好きです

bibsel-ht1204

↑MC中~楽しそうでしょ

楽しそうと言えば、数日前にレコーディングをした時のエピソードも披露されていました。
「どうしてもコーラスを」とマイクに向かったリズム隊。
楽しそうな写真がありますので載せておきましょう(by あやこさん)

bibsel-rec01

踊るコーラス隊?
楽しそうです、Bibselのレコーディング現場(笑)
CREW STUDIOさんのブログに機材が紹介されています。
興味のある方はぜひこちらのページを。
ちなみにこの日のライヴでは踊るシーンは当然の如くありませんでした~

続くI'm 55 Years Oldではなんと!

「キーボード抜きで…事情は聞かないで下さい」

…って?
えーっ

そんなわけで、あやこさんステージ袖にてお休み中=4人ステージの図↓

bibsel-ht1210

5人のステージを見慣れているので4人だと違和感が
4人だった時よりも5人になってからの方がライヴもたくさん観ているので当然ですけど…やっぱりBibselは5人ですよ~

セットリスト
1. For Yasgur's Farm
2. Never Before
3. 腰痛(ペイン)
4. 大切なもの
5. Fool For Your Loving
6. I'm 55 Years Old(short version)
7. Ready An' Willing
8. Walking In The Shadow Of The Blues
9. Rock Bottom


Rock Bottomが終わり、アンコールの拍手。
木下さんが歌い始めたのは…

Hpppy Birthday To You~Dear Tatsu~

2日後が三国さんのお誕生日~おめでとうございます
って事でプレゼントの贈呈式
そしてケーキも出てきました

bibsel-ht1218

プレゼントの包みを開いてご満悦の三国さん(箱の中は)


bibsel-ht1202 bibsel-ht1205 bibsel-ht1206 bibsel-ht1207 bibsel-ht1208 bibsel-ht1209 bibsel-ht1211 bibsel-ht1212 bibsel-ht1213 bibsel-ht1214 bibsel-ht1215 bibsel-ht1216 bibsel-ht1217


さてさて、翌日のお話です。
Bibselとも縁の深い日経おとなのバンド大賞2010の札幌予選会がありまして、私も観覧に行って来ました。

今年の札幌予選会グランプリはThe Sapporo Funk Organizationさん。
2008年にも全国大会出場を果たした実力派バンドなのですが、今回は三国さんがドラムで参加しているんです
こちらもおめでとうございます

全国大会は11月21日、東京・品川ステラボールにて。
観覧申し込みは11月12日までこちらで受付中。

さらに同日夜には都内でライヴも行う予定だとか。
Bibselとは一味違った三国さんを見る事ができるかも
こちらのライヴ詳細については改めて後日。


札幌予選会の様子は下記サイトに掲載されています。
The Sapporo Funk Organizationさんのサイト
日経おとなのバンド大賞/札幌予選会



by Ms.Ayako(rec01)/Misago ※無断転載禁止
 
2010.8.29 HOT TIME in Hall Live Vol.2KRAPS HALL

ここ1~2週間で急に寒くなってきましたが、皆様は風邪ひいてませんか?
ちょっと前まで「暑い」が合言葉のようになっていたのに、すっかり秋らしい気候になりました

そしてまた…UPした「つもり」になっていて、すっかり遅れてようやく更新しました。
今頃ー?との声も聞こえて来そうですが
サボりすぎてました。
すみませーん
ちなみに前回に引き続きライヴ写真はございません m(_ _)m
 
こちらはフライヤー。

hth-02f

この日のKRAPS HALLも超満員でした
MCはおなじみ下山武徳さん、ぽんちさん、カリンさんの3名。
出演バンドは紫月雫/meddle moon/Bibsel/STAR★CHILD/TUBERS/Rosetta(出演順)の6組。

Bibsel以外にも知り合いのバンドさんが出演されていて、会場ではたくさんの方にお会いしました
本州からはるばる「Bibselを観に来ました」という方にも
名ばかりではありますがBibselサイトの管理人をさせてもらっている関係で、そういったファンの方とお会いできたりします。
こういう時は本当に

嬉しいんです

更新も遅くて申し訳ないな、と思いつつ、こんなインチキ管理人でもやっててよかった~と思う瞬間です。
皆様、ありがとうございます


えーと、話がそれてしまいましたね。

ライヴ演奏の合間にはお楽しみ抽選会が行われました。
各出演者からのプレゼントや、スポンサーさんからのレアグッズなど豪華商品がいっぱい
とかギターなんかもありました。
持って帰るのが大変そう(笑)

Bibselからは「Rock Bottom/Liar」が収録されたCD

bibsel-cd

非売品です。
レアもの~~~です
当選された方、もしここをご覧になってましたら感想などお寄せ下さいね

そして、いつも当たらない私も珍しく当たった~
ヱビスビール提供の文庫本用ブックカバーでした。
久しく本を読んでいなかったけど読書の秋って事でありがたく使わせていただこ~っと


セットリストはこちら

1. Black Night
2. Never Before
3. Fool For Your Loving
4. Friends
5. 腰痛(ペイン)
6. Rock Bottom


オリジナル曲腰痛(ペイン)、初披露のFriendsや定番のRock Bottomなど全6曲。

BibselのレパートリーでもあるWarriorを演奏したバンドさんも居ましたが、これも良かったな~。
久々にBibselヴァージョン聴きたくなりました。
しばらくライヴではやってないんですよね…次のライヴでは聴けるかな???


さて、話題が前後してしまいますが前週の8月22日にも長沼町でライヴがあったそうで

農家の庭先でジンギスカンを食べながら演奏を楽しむ

という、なんとも楽しそうな企画に参加されたとの事でした。
ちょっぴりエピソードをいただきました

ライヴは午前10時スタート

…が、途中アルコールやらスイーツなどを買い、1時間ほど遅れて到着。
着くなり農家で飼っているワンちゃんになつかれた某メンバーさん。
こっそりその時の写真を見せていただいたのですが、ワンちゃんを抱っこしている某メンバーさんも、抱っこされているワンちゃんも、とても嬉しそうなお顔でした

もともと予定していた29日のライヴ・リハをスタジオから野外に移したようなもので演奏曲も同じ。
あまりの暑さに4曲ほど演奏したところで中断。
再開前に、壊れていた(?)メンバーさんも若干…とか。
暑さよりのせいでしょうか

残念ながらお客さんを呼んで…という事ではなかったのですが、ゆる~い感じの楽しい演奏会だったようです。


次回のライヴは今週末10月2日(土)です
拡張移転したばかりのHOT TIMEにて。
詳細はインフォメーションでご確認下さいね
 
Powered By FC2ブログ. copyright © 2017 ライヴ・れぽ all rights reserved.
プロフィール

みさご

Author:みさご
★札幌を中心に活動中のバンド“Bibsel(ビブゼル)”を追っかけていたのがご縁で、ホームページの管理人もしております。
はっきり言って「ただのファン」なのでライヴ・レポートと言うほどのものでもないですが、少しでもバンドのカッコ良さが伝わると嬉しいです♪

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック

リンク
RSSリンクの表示
QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。